過払い金請求に強い弁護士

過払い金相談 どこがいい?


過払い金請求の相談 どこがいい?

過払い金請求の相談、弁護士や司法書士、どこが良いでしょうか。
過払い金請求の実績が豊富な弁護士事務所、司法書士事務所をご紹介しています。

⇒ 過払い金請求に強い弁護士・司法書士

で過払い金請求の実績が豊富なおすすめの弁護士や司法書士事務所をご紹介しています。

過払い金があるか調べたい、あったら過払い金請求をしたい

過払い金の有無を調べて、もし過払い金があったら請求をしたい
そうした方は多いと思います。

借金の支払期間が長い方は特に、過払い金請求で200万円、300万円といった決して少なくなり金額が手元に戻ってくる可能性もあります。

完済している借金の支払に関しても過払い金請求は可能です。

過払い金請求には時効がありますから、過払い金について気になる方や、金利が高い頃の借金があった方は専門家への相談をおすすめします。

過払い金返還請求の時効は最後に返済をした時(完済)から10年となります。

過払い金請求に関しては無料で相談が出来る弁護士、司法書士が多いのでまずは早めに無料相談をされることをおすすめします。

過払い金請求に強い、実績が豊富な弁護士・司法書士を選ぶことがポイント

過払い金請求で失敗しないためにはいくつかのポイントがあります。

過払い金請求の経験が豊富、実績が多いこと

過払い金返還請求は、取引履歴の開示を行い引き直し計算をし、貸金業者との交渉が必要となります。

経験が少ない弁護士、司法書士に依頼をすると交渉力が不足する可能性もあります。

あらゆる貸金業者との交渉経験があり、経験豊富な専門家に依頼することで過払い金返還請求の手続きもスムーズに進みます。

過払い金も最大限、戻ってくる可能性が高くなります。

過払い金が140万円以上になりそうであれば弁護士に依頼する

司法書士は140万円を超える債権額は担当できません

そのため貸金業者との取引歴が長く、過払い金請求により140万円以上の事案になりそうな場合には、弁護士に依頼をされることをおすすめします。

ただ一般的にはそこまで多額の過払い金請求になることは多くはありませんから、無料相談の結果、弁護士に新たに相談しなおすといったことでも良いかもしれません。

比較すると費用的にそう大きく変わらない弁護士事務所もありますし、費用が明朗会計な事務所もあります。

最初から弁護士に依頼しておくと、変更など考えなくて済みますから負担も少なくて良いかもしれません。

過払い金請求の費用が安い・明朗会計である

過払い金返還請求の費用は安い方が、あなたにとってメリットが大きいです。
戻ってきた過払い金から費用が決まりますから(過払い報酬)最初から分かっていた方が比較しやすいです。

追加費用も無い法律事務所などを選ぶと、安心ではないでしょうか。

無料相談可能な弁護士や司法書士を選ぶ

過払い金請求に関しては、無料相談できる弁護士や司法書士が多いですが、

初回相談無料

なのか、

何度でも相談無料

なのか違いがあるケースもあります。

過払い金請求だけではなく、債務整理に関しても相談したい方も多いでしょう。

相談無料といっても違いがありますので、ここにも注意して相談先を選ばれることをおすすめします。

過払い金請求の対象になる方

過払い金請求の対象になる方、対象にならない方といます。

テレビCMなどで過払い金について見て、とりあえず借金返済はしていたから無料相談してみようか・・・ということの前に、過払い金の対象となる可能性が高い人に当てはまるかチェックされると良いと思います。

2010年(平成22年)以前に借入を開始した方

具体的には、2010年(平成22年)6月17日以前となります。
改正貸金業法の完全施行が2010年(平成22年)6月18日ですので、それ以前の時期から借入がある方は高金利で借り入れをし高い利息で返済をしている可能性があります。

借金完済から10年以内の方

借金の完済が10年以内、という方も過払い金請求が可能です。

過払い金の時効は借金完済から10年となりますので、それ以内に過払い金返還請求をする必要があります。

同じクレジット会社や貸金業者から少し期間を空けて借入をしている場合でも、連続した取引と見なされることもありますので、弁護士や司法書士など過払い金の専門家に相談をされることをおすすめします。

自己破産の過払い金がある方

自己破産前に高金利で借入をし返済をしていた場合には、過払い金請求をする事が可能ということです。

自己破産後の過払い金請求は原則可能となりますから、取り戻せるのでしたら今後の生活に大いに役立つお金となるでしょうから弁護士など専門家に相談をしてみてください。

過払い金請求の対象にならない方

2010年 グレーゾーン金利廃止後、利息制限法の範囲内の金利で借入をしている方

2010年(平成22年)にグレーゾーン金利が廃止されました。
ですから、2010年以降に借金をされた方の大半は、利息制限法の範囲内の金利と思いますので過払い金請求の対象とはなりません。

利息制限法の金利以上で借りている場合には、闇金の可能性が高いといえます。

過払い金請求の時効について

過払い金の時効は、

「借金完済から10年」

となりますので、それ以内に過払い金返還請求をする必要があります。

過払い金請求の成功報酬を安くしたい

過払い金請求の成功報酬を安くできれば、戻ってきた過払い金で手元に残るお金も増えます。

「できれば出費は抑えたい、出来るだけ多くのお金を手にしたい」

その気持ちもよく分かります。

しかし、費用にばかり目を取られてしまうと、戻ってくる過払いが多く取り返せる事務所なのか、交渉力が弱く業者の提案に折れる可能性があるかを考えずに依頼してしまう可能性もあります。

過払い金請求は依頼する事務所によって結果(過払い金額)が変わると言われます。

交渉力に自信があるところは多少は成功報酬を高く設定しているかもしれません。

実績をよく見て、無料相談にも行ってみて弁護士や司法書士の話を聞いてみて、信頼出来るところを選ぶことも大切といえるでしょう。

また後から追加で料金がかかる事が無いように、事前に費用がわかり明朗会計な事務職を選ばれることをおすすめします。

着手金は無料のところは選ばれると良いと思います。

過払い金請求に強い弁護士・司法書士

過払い金請求の実績が豊富、過払い金請求に強い弁護士・司法書士のおすすめをご紹介します。

司法書士法人 杉山事務所

過去に週間ダイヤモンドにて「消費者金融が恐れる司法書士事務所」に選ばれたこともあるのが司法書士法人 杉山事務所です。

過払い金でも非常に豊富な実績があります。
貸金業者との交渉に強いため、過払い金請求でも多く戻ってくる可能性が高いと言えます。

任意整理と同様に、過払い金請求の際も貸金業者との交渉力はとても大切。
経験が浅い司法書士だと、貸金業者からの案に妥協してしまう可能性がありますが、交渉力が強い専門家は依頼人のために最大限、過払い金が戻るように交渉を行ってくれます。

杉山事務所は初期費用(着手金)が0円なのも、依頼のしやすいポイントです。

⇒ 司法書士法人杉山事務所に過払い金請求を相談をしてみる

アヴァンス法務事務所

過払い金請求で多数の実績を待つのアヴァンス法務事務所です。

これまでの相談件数は23万件以上!

過去に様々な債務整理、過払い金請求のケースを経験しており、どんな状況にも対応可能、貸金業者との交渉経験も豊富です。

過払い金請求の依頼前に、これから手続きにかかる費用を明確に提示してくれることも、アヴァンス法務をオススメするポイントです。

「借入をしたのが10年以上前、契約書や明細などの書類が残っていない」

といった場合であっても、お借入れをした金融会社の名前が分かっていれば過払い金請求は可能です。

過払い金請求の時効になっているかもよく分からなくて・・・といった場合も相談してみてください。

⇒ アヴァンス法務事務所に過払い金請求を相談をしてみる

東京ロータス法律事務所

債務整理・任意整理・自己破産・過払い金請求など借金解決のエキスパート弁護士がいる東京ロータス法律事務所です。

旧 岡田事務所の頃から過払い金請求、債務整理の実績が多数あります。

非常に経験が豊富な弁護士先生で、対応も丁寧と評価が高いです。

着手金は0円。
相談料も無料です。

東京ロータス法律事務所

⇒ 東京ロータス法律事務所に過払い金請求を相談してみる




キーワード