母子家庭 借金

母子家庭 借金減額の方法


母子家庭 借金減額

母子家庭で借金がある場合、生活は苦しいと思います。
足りない生活費を補うために借りた、といったこともあるかもしれません。
どういった理由での借金かは分かりませんが、生活にかかるお金の他に、毎月1万円、2万円と借金返済があると辛いもの。
小さな子供がいて子育てと両立しながらのパート・アルバイトでは、どうしても経済的に余裕が無い・・・
その中での借金返済、もうこれ以上は無理・・・といった場合には借金減額する方法があります。

匿名、無料で減額診断をする方法も便利でしょう。
⇒ 債務整理に強い法律事務所 借金減額診断シミュレーター

母子家庭の借金

母子家庭の借金の理由として、

  • 子供が小さくあまり働けないので、生活費の補填のために借金
  • 子供の学費、就学準備のため
  • 慰謝料
  • 前夫の借金返済(連帯保証人)
  • ストレスからくる買い物、ショッピングリボ払いの借金

など、色々とあります。

もしかすると、競馬、パチンコ、スロットなどのギャンプルが理由で借金をしてしまって・・・といった女性もいるかもしれません。

今の借金返済だけでも苦しいのに、これから子供が成長してくるともっとお金が必要になる・・・

それを考えると早く借金を何とかしたい。
でも、思うように借金が減っていかない・・・

むしろ生活が苦しく、新たに借金をしてしまっている状態、というご家庭もあるかもしれません。

母子家庭、シングルマザーが借金減額するには

子供が小さいと働くことが出来る時間も制限されてしまいます。

それに正社員になるために就職活動をしても、条件の良い働き方ができる会社は見つからない・・・求人へ応募しても不採用。

結局、時間の融通が利きやすいパート・アルバイトでそれほど多くは無い月収で生活費をやり繰りする。

その上、借金返済もする・・・。

借金の返済がなければ、もう少し生活が楽なのに・・・

そうした母子家庭やシングルマザーの方も多いのではと思います。

確実に借金返済が進んでおり、あと1年、2年頑張れば借金を完済できる、といった状況であれば頑張れるかもしれません。

しかし、

「払っても払っても、利息の支払いになっている気がする。全然、借金の残額が減っていかない・・・」

明細を見て改めて、このままだと一生借金返済に追われてしまうかも?と悩みを抱えてしまう女性もいるのではと思います。

「将来のためにも今のうちに借金を整理しておきたい」

借金が無くなれば、働いた収入は全て自分達のために使うことが出来ます。

母子家庭、シングルマザーの方も、借金減額のために債務整理をすることが出来ます。

むしろ、経済的に弱い方向けの救済として、債務整理が適用されやすいと言えます。

借金減額ができる、債務整理のメリット

債務整理のメリットは、なんといっても借金の負担が大幅に減ることです。

借金の総額にもよりますが、借金が5分の1程度にまで減る個人再生、借金を帳消しにできる自己破産、支払利息をカットし返済回数を調整することによって返済しやすくする任意整理などの債務整理の方法を取ることが出来ます。

シングルマザーの場合には、100万円以下の借金で自己破産している人もたくさんいます。

長く借金返済をしている場合には、過払い金請求ができる可能性もあります。

高い金利での借入がある方、グレーゾーン金利が廃止される2010年以前の借金がある場合には、過払い金がある可能性がありますので、弁護士や司法書士に相談をされることをおすすめします。

債務整理のデメリット

債務整理のデメリットとして、任意整理、個人再生、自己破産とそれぞれ簡単にまとめると、

任意整理のデメリット

・借金を大幅に減額出来ない
・ブラックリストに載ります(5年間で解除)
・一定期間ローンが組めなくなり・クレジットカードの審査に受からなくなります
・債権者が合意してくれなければ、任意整理は不可能

個人再生(民事再生)のデメリット

・官報に掲載されます
・ブラックリストに載ります(5~10年間程度で解除)
・同居する家族にはバレる可能性は高い

自己破産のデメリット

・財産を処分する必要があります
・資格制限のために一定の職業に就けなくなる
・官報に掲載されます
・ブラックリストに載ります(5~10年間程度で解除)
・ブラックリストに乗る

といったことも考慮する必要があります。

母子家庭の債務整理

ただ、母子家庭の場合にはそれほど資産をお持ちではないと思いますから自己破産をするにしても、そこまで問題となることは無いと思います。

また家族にばれたくないから自己破産を選べない、といったこともありません。

将来の生活のために立て直しをするのであれば、借金の総額にもよりますが自己破産を選択して、全ての借金を無くす方法が良い場合は多いのではないでしょうか。

もちろん、毎月の返済額が減れば返済が可能、といったことであればデメリットが少なく手続きも債務整理の中では最も簡単な任意整理がおすすめです。

裁判所へ行かなくても良いですし、弁護士事務所へ行く回数も最低限に抑えることが出来ますから、仕事、生活への影響も少ないです。

弁護士や司法書士との書類のやり取りにおいても、必要書類が少ないのは楽だと思います。

仕事に影響がある(働く時間が削られる)のは収入減に直結します。

ただし借金の総額や収入状況によりますので、あなたに適した債務整理の種類については、一度、弁護士や司法書士など借金問題のプロに相談をされることをオススメします。

いきなり弁護士事務所に電話をするのはちょっと・・・といった場合、借金減額診断を利用する方法がおすすめです。

⇒ イージス法律事務所 借金減額診断シミュレーター

どれくらい借金が減るかを診断し、それから具体的に相談をすることも可能です。

母子家庭、シングルマザーが債務整理する時の注意点

債務整理をすると借金減額ができたり、支払利息がカットされるので返済が楽になるといったメリットがあります。

しかし、先ほども見ましたがデメリットもあります。
注意点もあります。

債務整理後のブラックリストに注意

その中でも、ブラックリストに載ることによるデメリットは生活の中で影響がありそうです。

ブラックリストに載ることで5年、場合によっては10年間は、

・新たにローンを組めない
・クレジットカードが使えない
・保証人になれない

といったことがあります。

もし生活費の補填のために借入することに慣れてしまっていた場合には、収入の範囲内で生活をする、ということに改めて慣れることが必要です。

借金に連帯保証人がいる場合

もし、借金に連帯保証人がいる場合。

債務整理の種類として、個人再生、自己破産の場合には連帯保証人に債務者から取り立てたいくことになりますので、事前に説明をしておくことが大切となります。

大きな金額の借金があり、連帯保証人がいる。

といった場合、最悪の場合には一緒に自己破産をしなければならない・・・といった可能性もあるかもしれません。

いきなり身内が連帯保証人という方も多いと思います。

事前に説明をしておくことが大切ではないでしょうか。

債務整理をしていると将来、子供の奨学金を借りることが出来ない?

お子さんの年齢にもよりますが、ブラックリストに載った状態だと保証人になることができません。

そのため、奨学金を借りる際に保証人になれません。

しかし、親がブラックリストに載っていたとしても次の方法で奨学金を借りることは可能です。

・親族に保証人をお願いする
・機関保証制度を利用する

といった方法があります。

期間保証制度とは

機関保証制度については知らない方も多いと思いますが、毎月費用(保証料)がかかりますが、保証機関が連帯保証してくれる制度です。

これにより、連帯保証人、保証人を見つけなくて良いため、自分の責任で申し込むことも可能です。

ただデメリットとして、毎月の奨学金から保証料が引かれるために、手元に振り込まれる金額は少なくなります。

母子家庭、シングルマザー 借金減額の方法

借金で悩み、もう返済は難しい・・・この先、何年も借金返済を続けても終わりそうにない、といった状況の場合には債務整理を行い、借金を清算したり、借金減額、支払利息カットで返済を楽にすることも考えてみてください。

今、生活を圧迫している借金返済がなくなり、その分を自分達のために使えるとしたら、今後10年など考えた場合には大きな金額になります。

もちろん債務整理した後の生活は再び借金をしなくて良いようにコントロールする必要がありますが、生活の立て直しには役立つ方法ではないでしょうか。

多くのシングルマザーが債務整理を行い、生活の立て直しをしています。

悩んでいる間にも、また利息の支払などはやってきます。

母子家庭、シングルマザーの借金問題、一度、専門家に無料相談をされてみてはいかがでしょうか。

借金減額診断

⇒ おすすめ借金減額診断シミュレーター

あなたの借金がどれくらい減額できるか診断をする事ができます。
適切な債務整理の方法についても無料で相談することができますので、ぜひ活用されてみてはいかがでしょうか。




キーワード