家族にバレずに自己破産するには
借金減額診断シミュレーターって大丈夫? > 自己破産 > 家族にバレずに自己破産できる?

家族にバレずに自己破産できる?


家族に秘密・バレずに自己破産したい

家族にバレずに自己破産したい。なんとか夫、嫁、親にバレずに秘密のまま自己破産ができないか。
そうした方も実は多いのではないでしょうか。
自己破産についてしっかりとした知識を持つ人は少ないため、
自己破産=人生終わり
といったイメージを持つ人も多いです。
借金の存在、自己破産を伝えたらもう一緒に暮らせないのでは、といった恐れをもつ方もいるかもしれません。
自己破産が家族にバレないためのポイントについて情報をまとめています。

家族にバレずに自己破産できる

借金に悩む
自己破産の手続きを考えている、でも出来れば家族にはバレずに自己破産したい。
秘密のまま、債務整理の手続きを完了したい。

どうしてもバレてしまうケースもありますが、あなたの状況によっては家族(夫、嫁、親など)に秘密のまま自己破産ができる場合もあります。

自己破産について、正確な知識を持つ人は一般の人には少ないでしょう。

普通に生活をしていれば、自己破産を含め債務整理には縁がありません。

だから多くの人は、

自己破産 = 人生終わり

といったイメージを持っていることが多いといえます。

自己破産を伝えたら、離婚を切り出されるかもしれない、といった不安を持つ方も多いのではないでしょうか。

家族バレせずに自己破産をするには、いくつかバレやすいポイントに関して対策をすることも必要です。

自己破産が家族にバレやすい理由

借金を家族に内緒でしていた場合、当然、自己破産も秘密にしたいですよね。

いきなり「実は借金があって、しかも自己破産の手続きをしているんだ・・・」と嫁、夫、両親など家族に打ち明けたら、どんなに驚かれるか分かりませんよね・・・。

自己破産、と聞けば、大抵の人は驚きます。

そして自宅をお持ちであれば、「家を手放さなければならないのか・・・」と大きな不安に駆られることでしょう。

もちろん、自宅の所有があなた名義であれば手放す必要がありますが、そうでは無い場合(夫名義など)の場合にはマイホームを手放す必要はありませんね。

あくまで自己破産は個人の問題ですから、家族には関係ありません
ただ、あなたが世帯主で多くの名義に名を連ねている場合には別ですが・・・。

出来れば、自己破産をすることになったとしても家族にはバレずに債務整理の手続きを行いたい。

そのためには、自己破産がバレやすいポイントを対策することが必要です。

自己破産の手続きを秘密で行たい場合、次のようなポイントに気をつける事で内緒で手続き完了出来る可能性を高くすることが出来ます。

弁護士に「家族に秘密であること」を伝える

債務整理に強い弁護士
まず最初に依頼をする弁護士には、明確に「借金や自己破産することを家族に秘密にしている」ことを伝えてください。

元々守秘義務がありますから、弁護士から情報が漏れることはありえませんが、家族に秘密にしていると明確に伝えることで連絡手段について、さらに気をつけてくれるようになります。

書類に関しても郵便局留めなど対応してもらうことが出来ます。

また、もし家族に何らかで法律事務所とのやり取りを疑われて連絡が来たとしても、依頼人の秘密を守るのが義務ですからバレる事はありません。

郵便物からバレる可能性

先ほどのように弁護士に「家族に秘密である」ことを伝えると、郵便物も自宅に届かないように考慮してもらうなど出来ます。

しかし最初に伝え忘れていた場合には、郵送されてくる可能性がありますし、正式に依頼をするまでは債権者(銀行、消費者金融など)から督促状などが届く可能性があります。

家族に借金の存在や自己破産などがバレる可能性として大きいのは、郵便物です。

郵便局が届けに来る時間帯を把握しておいたり、家族が郵便受けを見る前に一番で郵便物をチェックするなど対策をすることが必要です。

自己破産者の名義の資産がある場合(車、住宅など)

注意が必要なのが、もしあなた(自己破産者)名義の資産、例えば車などがある場合です。

自己破産の場合、20万円以上の財産は処分して債権者に配当することになりますので売却しなければなりません。

いきなり車が無くなると、完全に怪しいですよね。

非常にバレやすいポイントとなります。

この場合、何らかの理由を付けて車を先に処分してしまうか、20万円以下の中古車に買い換えておくといったことが必要かも知れません。

住宅も同様です。
家を手放し、引越をしなければなりませんから、この場合には自己破産がバレてしまう可能性は非常に高いです。

住宅をご自分名義で所有されている場合は、自己破産を秘密にするのは非常に難しいため、明らかにして相談することを勧められることが多いのではないでしょうか。

専業主婦の方の場合にはこうした資産が自分名義であることは少ないでしょうから、自己破産をするデメリットは見当たらないケースが多いです。

裁判所へ行く時

自己破産では裁判所へ行く必要があります。

裁判所に行く回数は、案件を担当する裁判官、申し立てをする裁判所により異なりますので、明確に何回といったことは難しいのですが、平日に裁判所に行くことになります。

お仕事のある方は有給を取得して裁判所へ行く事になります。
普通に仕事の感じで自宅を出れば後はバレないと思います。

専業主婦の方で夫がシフトで平日休み、といった場合には出かける理由を作り、誤魔化す必要はあるでしょう。

夫が平日は毎日仕事、といった場合にはバレる可能性は低いでしょう。

家族の収入証明、源泉徴収、通帳のコピーが必要

通帳のコピー
裁判所によっては、家族の収入に関しても提出する必要があります。

収入証明書は市役所で取得が可能ですから、それで問題ないかどうかを弁護士に確認されると良いです。

源泉徴収などが必要となると、難しいです。
会社に発行してもらう必要があるためです。

通帳のコピーに関して、お互いの通帳をもし別々に管理していて保管場所が分からないと問題ですね。

何か理由を付けて、見せてもらうことが必要です。
その際、保管場所もさりげなく確認しなければなりません。

自己破産がどうしてもバレやすい原因

自己破産を家族に秘密にしたい、と思っていてもどうにもならない場合もあります。

対策次第では自己破産を秘密に出来る場合もありますが、どうしてもバレやすいケースがあります。

最初から話をして、スムーズに自己破産が進むようにしたり、自己破産後の生活を立て直しやすいようにする方が得策、といった場合も多いのです。

それが次のような場合です。

自己破産がバレてしまうケース

・家族が連帯保証人
・生計を同一としている
・住宅ローンがある
・自己名義の持ち家である
・高額な資産を持っている

それでも家族に知られずに自己破産したい場合

弁護士に自己破産を相談
弁護士とも相談をし、どうしても秘密にするのが難しいと判断した場合ですが、借金の額によっては個人再生や任意整理に切り替えて乗り切る、といったことも考えられるでしょう。

個人再生なら住宅は手放さなくても済みます。

住宅ローンを支払っていても、そのまま住み続けることが出来ますから、自己破産のように住宅を手放してバレる、といったことはありません。

債務整理の方針にしても、弁護士によって異なります。

個人再生や任意整理を目指したとしても、後日、結局は自己破産をせざるを得ないといった可能性もあります。

そうしたことも含めて、債務整理の専門家である弁護士と相談をされることが必要といえそうです。

弁護士は様々なケースの自己破産の支援を経験していますから、あなたにとって最も良いと思える方法を一緒に検討してくれます。

⇒ 匿名で借金減額診断ができます




キーワード