借金に悩む
借金減額診断シミュレーターって大丈夫? > 自己破産 > 借金200万円、自己破産した方が良い?迷っている

借金200万円、自己破産した方が良い?迷っている


借金200万円、自己破産した方が良いのかな・・・?

借金200万までいつの間にか借入が膨れ上がっていた・・・私の今の収入では返すのは難しい。
自己破産した方が良いのか、それとも他にも良い借金減額の方法があるのだろうか・・・?
私もかつて悩んだ借金の額です。奨学金+ショッピングリボ+車のローンなどでいつの間にか増えた借金。
ショッピングリボが主な原因です。仕事のストレスから買い物が増えてしまいました。
借金200万円を越えると、なかなか返済しても元本が減りません。少しずつ増える借金。債務整理を相談しました。
借金200万円、返済が不可能な状態であれば自己破産は可能です。
迷っている方へ、
借金減額診断サービス
をご案内しています。

借金200万円で自己破産できる

借金200万円で自己破産はできます

自己破産をする場合の金額には、特に制限は設けられていません。

100万円以下の少額な借金でも自己破産をしている方は多いです。

安易な自己破産は決して勧められませんが、生活の立て直しに借金の免債が必要であれば、真剣に検討された方が良いと思います。

  • 収入が少なく
  • 資産がなく
  • 返済が難しい

状況であれば裁判所が返済不能であると認め、自己破産できる可能性は高いです。

例えば・・・

自己破産が認められる可能性が高い人

  • 生活保護を受けている人
  • 病気、怪我のために働くことができない
  • 月収が低いフリーター
  • リストラで失業している人
  • 高齢のために働けない
  • 専業主婦

正社員として働いていても、扶養家族が多く返済に回せるお金が確保できない人も自己破産が認められて免債になる可能性はあると言えるでしょう。

借金減額の方法は、自己破産の他に任意整理、個人再生という方法も

借金減額の方法は自己破産だけではありません。

自己破産はデメリットも大きなものがありますし、世間のイメージもあります。

できれば、

自己破産は避けたい・・・

と思っている方も多いでしょう。

自己破産をすることができれば、全ての借金を無いものにすることができますが、一定以上の財産を手放す必要がありますし、ご家族がいれば内緒で自己破産の手続きをするのは難しいです。

特に専業主婦の方の場合、旦那さんの収入証明書や通帳が求められることも多いですから、内緒でバレずに自己破産する・・・と言った事は難しくなってきます。

独身で資産がほとんど無い場合には、自己破産をためらう理由はあまり無いかもしれませんが、専業主婦の方の場合には深く悩むケースも少なくないようです。

ただ、生活の立て直しのために自己破産をすることが必要であれば、判断を長引かせることで、その分多く支払うことになります。

借金が増えていく可能性もあります。

もうこれ以上の返済は難しい・・・という考えがあるのでしたら、借金問題の解決のための選択肢を、弁護士など専門家に相談をしてください。

通常、弁護士の相談は30分で5000円、1時間で1万といった金額が相場と言えますが、借金問題の相談に関しては初回相談無料、といった法律事務所も多いです。

自己破産のメリット・デメリット

自己破産にはメリット・デメリットと両方あります。

最初にデメリットを確認していきましょう。

自己破産のデメリット

自己破産のデメリットとしては、次のようなものがあります。

自己破産のデメリット

  • 一定以上の財産を手放す必要
  • 全ての借金が対象となる(住宅を残せない)
  • 同居家族の収入証明書などが必要となる可能性がある
  • 復権するまで制限される資格、職業がある
  • 官報に氏名、住所が載ってしまう
  • ブラックリストに載る
  • 借金の理由によっては免責不許可の可能性もある

などがあります。

自己破産、というイメージ的なデメリットを感じている方もいるかもしれませんが、明らかに生活レベルが急に落ちたといったことでもなければ気付く知り合いは少ないと思います。

官報も一般人で見ている人はいないでしょうし、普通は存在も知らないです。

自己破産のメリット

自己破産のメリットとしては、次のようなものがあります。

自己破産のメリット

  • 税金等を除いて借金がゼロになる(免責許可)
  • 20万円以下の資産は手元に残せる

自己破産をすることで得られる最大のメリットは、やはり「借金が無くなる」ことです。

自己破産後に働いたことで得られる収入をもう、返済に充てる必要はありません。

自分自身、ご家族のために使う事が出来ます。

もちろん働くことが難しいために自己破産を認められた方は、今の収入の範囲内で生活をやり繰りする事が必要ですから、さらに生活の見直しが必要かもしれません。

しかし、借金問題が解決することで気持ちは楽になるのは確かではないでしょうか。

自己破産をした人の平均負債額、年収

自己破産をする人の負債額(借金の金額)として多いのは、

100万円~200万円

です。

次に多いのが、

・借金200万円~300万円
・借金300万円~400万円
・借金1000万円~2000万円

となります。

こうした負債額については日本弁護士連合会にて調査がされていて、

参照:2017年破産事件及び個人再生事件記録調査(2)【データ編】破産事件記録調査
(PDFファイルへのリンクです)

でデータとして見ることができます。

自己破産する人は毎年少なくありませんが、借金200万円となると借入の状況、資産や収入状況によっては返済は無理です。

月収15万円ほどでもかなり厳しいです。

非正規社員として働き収入がさらに低い方、生活保護を受けている方なども返済は難しいでしょう。

突然、病気や怪我で働けない状態になった場合にも、返済はすぐに難しくなってしまいます。

自己破産の条件は、

支払い不能な状態

にあることです。

支払利息だけで手一杯、これでは借金を減らすのは無理かも知れない・・・という状態になってしまっているのであれば、早めに債務整理の専門家である弁護士に自己破産を含め債務整理に関して相談をされる方が良いと思います。

頑張って返そうと思っても、収入状況によって限界はあります。

自己破産の他に返済を楽にする方法は、もっと収入が良い仕事へ転職する、といった方法しか無いでしょう。

借金200万円、返済が難しければ早めに専門家への相談を

年収が300万円~400万円といった平均的な年収の方の場合、月々の手取りは20万円ほどです。

生活のためにお金も必要です、家族がもしいるのであれば、節約をしても返済に回せるお金はそれほど多くはありません。

水道光熱費、税金、学費、家賃に食費・・・返済に手取りの多くを回した結果、生活費が足りなくなってしまい、新たに借金をして補填する、といったことだけは避けたいです。

既に支払利息の返済で元本が減らない状態になっている方もいるのではないでしょうか。

特にリボ払いは地獄ですよね・・・。

ただ、安易に自己破産を選択するのではなく、任意整理や個人再生といった債務整理も検討されることをオススメします。

自己破産はやはりデメリットも大きいですし、裁判所がどう判断するかにもよります。

支払利息がカットされ、返済期間を長くすれば返済が可能かも知れません。

ただ、無理がある返済計画になるようであれば、やはり自己破産した方が後々の生活の立て直しは早いかもしれないです。

そうしたことは借金で悩む自分自身では判断つかない状況になっていると思います。

実際、自己破産した方が良いのに無理に任意整理をして、結局後日、自己破産を申し立てる方は多いのだそうです・・・

借金返済が難しい状況になっているのであれば、早めに自己破産など債務整理の専門家である弁護士に相談をされることをオススメします。

借金減額診断サービス

あらかじめ借金減額診断サービスを利用して、どれくら借金が減額できるかをしてもらい、納得出来る内容であれば具体的に債務整理の相談をするという方法が良いのではないでしょうか。

⇒ ライズ綜合法律事務所 借金減額診断シミュレーター

⇒ アーク東京法律事務所 借金減額診断シミュレーター

匿名、無料で利用することができます。

いずれも債務整理に関して実績が豊富な法律事務所となります。

借金が140万円以上の場合には、司法書士では対応できませんから最初から弁護士へ相談されることをおすすめします。




キーワード