借金に悩む男性
借金減額診断シミュレーターって大丈夫? > 自己破産 > 借金100万円で自己破産できる

借金100万円で自己破産できる


借金100万円で自己破産

借金100万円でも自己破産できます
自己破産が認められる条件は「支払不能状態」であること。
そのため借金が100万円以下であっても自己破産している方は多いです。
自己破産することでデメリットはもちろんありますが、支払い不能な借金の返済に悩む日々よりも、借金をリセットして新たに生活を立て直すことを選ぶことも考えてみてください。

Q:借金が100万円くらい、自己破産できるの?

A:借金の額が100万円くらいの方でも自己破産はできます。

借金額に関わらず、支払不能状態であることが自己破産の条件となります。

そのため借金が100万円、それ以下の金額であっても自己破産が認められる場合があります。

お仕事を持ち、毎月1万円、2万円と継続して返済をすることができる方から見ると、少額な借金に見えるかもしれません。

しかし、収入が無い専業主婦の方、生活保護を受けている方、タイミング悪く借金の返済途中で病気などでリストラされ無職になってしまった方などは借金が100万円と少額であっても自己破産できるケースが多いです。

自己破産は債務者の負債額だけではなく「支払い能力」も含めて判断されます。

そのため、借金が100万円であっても自己破産できるケースはありますし、実際に借金額がさらに少ない80万円、60万円などでも自己破産が認められることもあります。

自分の借金の金額だけで判断せず、まずは債務整理の専門家は無料相談されることをオススメします。

自己破産をすることで生活の立て直しが出来るのであれば、早めに手続きをしたほうが、前向きに頑張れる方は多いのではないでしょうか。

自己破産できるケースとは

借金額が100万円、100万円以下と少額であっても自己破産が認められるケースとしては次のようなケースがあります。

専業主婦

自分自身の収入がない専業主婦の方の場合、自己破産が認められるケースは多いです。

夫が高年収であっても問題にされることは無く、あくまで本人の返済能力見られますので自己破産が認められるケースは多いといえます。

ただし、裁判所の判断によるところとなりますので、ケースバイケースともいえます。

弁護士にまずは相談されるのが良いでしょう。
(弁護士でも意見が分かれる場合がありますので、あなたの希望に寄り添ってくれる方針の弁護士を選ばれると良いと思います)

無職で資産がない場合

働いて借金返済を頑張っていたけれど、突然の病気や怪我により、無職となった。
誰にでも起こりうることですが、無職無収入になった場合にも自己破産は認められやすいです。

働けない = 返済能力が無い

ということになります。

自己破産の他の債務整理の手続きでは、返済が前提です。
継続して収入があることが条件となりますので、この場合にはむしろ自己破産の他には手段がないといえます。

収入が乏しいシングルマザー

シングルマザーでパート・アルバイトで生計を立てている場合にも、借金額が少なくても自己破産が認められるケースが多いといえます。

正社員で安定した収入がしっかり得られている方の場合には、ケースバイケースといえます。

月の収入が10万円以下といった場合、借金返済は難しいです。
借金額によっては利息の支払いだけで手一杯になるでしょう。

返済能力があるとはいえないために、自己破産が認められやすいケースといえます。

生活保護受給者

生活保護受給者の場合には、返済能力が無いですから自己破産が認められやすいです。

生活保護費は借金返済に充てることが出来ませんので、借金がある場合には自己破産しかないともいえます。
(自己破産の他の債務整理では返済が残ってしまいます)

無職、生活保護でも自己破産できる?

自己破産は金額の大小に関わらず申請することができます

むしろ無職や生活保護受給を受けている方は、収入が乏しいために自己破産が認められやすいケースは多いと言えるでしょう。

生活保護を受けている場合、生活保護費は借金の返済に充てることができません。

そのため借金返済をするには、社会復帰し働いて収入を得ることが必要です。

そうでない場合には、生活保護受給者は基本的には自己破産など債務整理の手段を取ることになるといえます。

自己破産の費用について

自己破産をする場合、弁護士・司法書士へ支払う費用が発生します。
この費用に関して不安に思われている方は多いのではないでしょうか。

自己破産を弁護士に相談する場合の費用の相場ですが、

  • 着手金:20万円~30万円
  • 成功報酬:20万円~30万円

合計で40万円前後になる法律事務所が多いのではないでしょうか。

着手金が30万円なら成功報酬は10万円。
着手金が0円で相談・依頼しやすいようにし、成功報酬は40万円といった法律事務所もあります。

しかし借金返済でお金がなく、さらに収入のあても無い方の場合には債務整理手続きの費用の支払いが今度は負担になります。

そのため、今は自己破産の費用を分割払い、後払いといったように支払者の負担が少ないように考慮してくれる弁護士が多いです。

生活保護を受けている方に関しては、法テラスで破産費用を借りることができます。

自己破産の手続きが完了した時点でまだ生活保護を受けている場合、立替費用の返還義務が免除される可能性がありますので、費用を負担することなく自己破産が認められることになるケースは多いです。

100万円以下、借金額が少なくても自己破産は可能

借金の金額が100万円以下であっても、自己破産はできます。

自己破産は借金問題を解決する最も強力な債務整理の手続きで、最終手段ともいえます。

実際に自己破産をした方の話、体験談を追いかけていくと、思っているほどデメリットを受けることなく、前向きな生活を立て直すことに成功されている方が多いです。

特別、周りに自己破産だとバレる事も無い方も多いでしょう。

何らかの事情により、3,000万、5,000万といった多額の借金を背負ってしまった方。

多重債務に陥ってしまい、自分の収入ではもはや返済不能になってしまった方。

親族の保証人になっていたばかりに急に返済不可能な借金が降ってきた場合などもあるかもしれません。

自己破産をすることによって借金が帳消しとなり、督促・取り立てに怯えることない前向きな生活を取り戻すことができる場合には、借金の金額に関わらず自己破産をすることも視野にいれてみてはと思います。

借金減額診断

⇒ おすすめ借金減額診断シミュレーター

あなたの借金がどれくらい減額できるか診断をする事ができます。
適切な債務整理の方法についても無料で相談することができますので、ぜひ活用されてみてはいかがでしょうか。




キーワード