債務整理に強い弁護士
借金減額診断シミュレーターって大丈夫? > 借金 減額の方法 > 借金減額交渉は自分でするより債務整理の専門家に依頼した方が有利?

借金減額交渉は自分でするより債務整理の専門家に依頼した方が有利?


借金減額交渉、自分でも出来る?

任意整理などに伴う借金減額交渉自分でできると費用を安く済ませることは確かに出来ますね。
しかし、引き直し計算が大変、交渉が難しい、足下を見られる可能性、取り立てがストップしないなどデメリットも多く、大変です。
任意整理など債務整理をお考えになっている場合、特に家族にばれずに債務整理をしたい場合には弁護士など専門家に依頼をした方が良いと言えます。

借金減額交渉、自分で出来たら費用を安くできると思いますが・・・

借金減額の仕組みを知ると、自分自身で貸金業者と借金減額の交渉が出来ないだろうか、と一瞬考えることがある方は多いのではと思います。

自分で減額交渉をすれば確かに弁護士や司法書士に依頼する費用がかかりませんからね。

債務整理の専門家である弁護士や司法書士に手続きを依頼する費用も決して安くはないですよね。

タダでさえ借金で首が回らなくなっているのに債務整理の手続き費用、裁判所への予納金などを支払うのは負担が大きい・・・

しかし、「すぐに自分で借金減額出来たら得だとは思うけれど・・・」と思い直す方が多いと思うのですが、自分で貸金業者と交渉するのは現実的ではないですよね。

自分で借金減額交渉をするのは困難な理由

自分で借金減額すれば確かに専門家に払う費用は不要です。

しかし少し考えてみると分かりますが、自分自身で借金減額交渉をするのは非常に困難です。

任意整理をする場合で考えてみたいと思います。

取引履歴の開示

任意整理に限らないのですが、取引履歴の開示は債務整理手続きにおいて必須となっています。
取引履歴を確認しないと、本来の借金総額が分からないためです。

取引歴が長い場合には、グレーゾーン金利の時代の取引履歴もあるかもしれませんよね。

そうなると過払い金がかなりの確率で発生しますから、貸金業者にとっては損しかありません。

ただ、貸金業者には取引履歴開示請求に応じる義務がありますから、個人が取引履歴を取り寄せたいと貸金業者に依頼をして出してもらうことは可能です。

引き直し計算が大変

もし、取引履歴を取り寄せることに成功しても、そこからグレーゾーン金利を適正な金利にして計算し直す、引き直し計算が大変です。

書式も素人には分かりにくい書式になっている可能性もあります。

引き直し計算を間違ってしまう可能性もあります。

特に複数の業者と取引をしていた場合には複雑になります。
借り換えなどがあると、非常に難しくなってくるでしょう。

減額交渉が大変

もし引き直し計算を行い、過払い金が発生していることが分かったとしたら、過払い金減額交渉を行います。

しかし、貸金業者にとっては損しかない取引ですから、困難な交渉となります。

個人で過払い金返還交渉を行う場合、弁護士が付いていませんから貸金業者に足元を見られると考えて良いでしょう。

こうした交渉ごとに慣れてる人も滅多にいないと思いますので、貸金業者のペースで交渉が進む恐れもあります。

そうなると過払い金も満額では無く、50%など少ない金額しか過払い金として取り戻せない可能性があります。

過払い金額が多額になっている場合、弁護士費用をケチって半分しか取り戻せないといった可能性を考えると、かえって損といえるでしょう。

和解案の交渉が大変

任意整理は減額交渉をして、将来利息をカットしてといった交渉が必要です。

貸金業者にとっては、今後の回収に大きく影響する減額交渉ですから、出来るだけ借金は減額したくないはずです。

個人で行うには困難な交渉となることが予想されます。

それ以前に、個人では任意整理の交渉に応じてくれない可能性が高いといえます。

交渉に臨むためには準備も必要です。
返済予定のシミュレーションをし交渉の準備をするのは、とても大変です。

個人での減額交渉は門前払いの可能性が高い

とここまで色々と自分で任意整理をすることを想定して見てきましたが、個人で任意整理の交渉を試みても門前払いされる可能性が非常に高いです。

交渉の成功率を考えても、最初から債務整理の専門家である弁護士や司法書士に借金減額の相談をし、任意整理の手続きを依頼した方が良いでしょう。

弁護士や司法書士に減額交渉を依頼するメリット

結局のところ、やはり債務整理の手続きは専門家である弁護士や司法書士に依頼をした方がメリットは大きいでしょう。

例えば弁護士に任意整理を依頼するするメリットとしては、

  • 貸金業者からの督促、取り立てがストップする
  • 任意整理の手続きがスムーズ
  • 全て代行してくれる
  • 家族に内緒で手続きが可能
  • 交渉に慣れているので、有利な和解が出来る可能性が高い
  • 任意整理では無理な場合も対応可能
  • 取り扱える金額に制限が無い

などが挙げられます。

もし借金返済が滞っている方の場合、それも家族に内緒で債務整理をしたい場合には、貸金業者からの督促、取り立てがストップするのは大きな精神的な安心につながるのではないでしょうか。

借入金の返済もいったんストップすることが出来ますので、その分を弁護士への債務整理の手続き費用に回すことも出来ます。

和解案などもあなたにとって出来るだけ負担が無いように、返済可能な範囲で貸金業者と交渉を行ってくれます。

様々な落とし所を用意して臨む交渉となるでしょうから、自分でするよりもスムーズに債権者と交渉が進むことになります。

まずはどれくらい借金が減るか、減額診断を

任意整理で借金減額することを考えているけれど、まずはどれくらい借金が減額出来そうかを診断してみてください。

匿名、無料で減額診断をすることが出来ます。

⇒ 債務整理に強い法律事務所 借金減額診断シミュレーター

あなたに合っている債務整理の方法も相談することが出来ます。




キーワード