債務整理するかを考える
借金減額診断シミュレーターって大丈夫? > 借金相談 > 借金減額なぜ出来る?借金減額できる仕組みとは

借金減額なぜ出来る?借金減額できる仕組みとは


借金減額の仕組み

借金は減額することが出来ます。しかし、誰でも借金減額が出来る訳ではありません。
この記事では借金減額の仕組みを知り、必要な方が借金減額相談を出来る弁護士、司法書士などの探し方についてもご紹介しています。
借金減額には種類があります。
今、借金の取り立てに苦しんでいたり、利息の支払いで手一杯、一生借金の返済に追われる不安な毎日をお過ごしであれば借金減額の手段を取ることをオススメします。

借金減額なぜ出来る?借金減額できる仕組み

借金減額が出来たらどんなに楽だろう・・・

借金を順調に返済できている方であれば、そうした借金返済に関しての悩みを持つことは無いと思います。

借金減額を希望される方の多くは、支払いが苦しかったり、利息の支払いばかりで借金の総額が全然減っていかない・・・といった悩みを抱えているのではないでしょうか。

借金減額の仕組みを知り、手続きをすることで今の苦しい生活が終わり、平穏な生活を取り戻すことができる可能性は高いです。

借金減額は、債務整理により可能です

借金減額の方法を具体的にいうと、「債務整理」を行うことで借金を減額します。

債務整理の方法は主に3種類あります。

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

です。

それぞれ、メリット・デメリットもありますし今のあなたの借入状況、収入や資産などによってどの債務整理の方法がベストなのかを見極めることも必要です。

借金がゼロになるから、と安易に自己破産を選んで良い人と悪い人、という考え方もあります。

借金がゼロになることで、後日また、再び借金に手を出してしまう人もいるんですよ・・・。
任意整理や個人再生で返済をしっかり頑張った人の方が、その後の生活でお金の遣い方には気をつけるようです。

借金減額されたとはいえ、借金の完済を目指して返済を続けますからね。

そうした自分自身の性格なども考えて、債務整理の方法を検討されると良いかもしれません。
(とはいえ収入状況から自己破産しかない、といったケースもあると思います)

借金減額が出来る、債務整理の種類

借金を減額するためには、債務整理をすることが必要です。
(任意整理、個人再生、自己破産と主に3つあります)

具体的にどういった債務整理の方法が自分自身に合っているのかは、債務整理に対応している弁護士や司法書士と相談をしながら決めていくことになります。

ただ、事前にどういった仕組みの債務整理なのかを知っておくことは、オススメです。

オススメは、事前にどのくらい借金が減額出来るかを診断してもらう方法です。
借金減額診断シミュレーターを利用して、匿名で減額診断をしてもらえる方法がオススメです。

代表的な借金減額診断シミュレーター

⇒ 東京ミネルヴァ法律事務所 借金減額診断シミュレーター

債務整理の実績が非常に豊富な法律事務所です。CMでもお馴染みではないでしょうか。
相談は何度でも無料です。
1回のみ相談無料の法律事務所なども多い中、何度でも相談無料は助かる方も多いのではと思います。

任意整理とは

任意整理とは、

「貸金業者と交渉を行い、借金額を減額したり月々の返済額を減額したり、支払い回数の調整、支払い利息をカットする債務整理の手続き」

です。

任意での交渉となりますので、個人では貸金業者が交渉のテーブルについてくれないケースもあり、一般的に弁護士や司法書士が交渉を進める形となります。

任意整理には交渉力が重要と言われ、弁護士や司法書士の力量が出ると言われます。

任意整理に応じると、当然ですが借金が減額となりますからカード会社、貸金業者は損をしますが自己破産や個人再生よりもマシ、ということで交渉に応じてもらえることになります。

車は残したいので、このローンは頑張って支払いたい、といった場合にも任意整理は適しています。
(他の債務整理は全ての借金を整理対象とします)

周囲にバレずに債務整理をしたい場合にも、適した方法です。

他の債務整理の方法だと官報に掲載され、それを見た業者がダイレクトメールを送ってくる、そこから家族にバレる、といったケースも考えられますが任意整理は官報には掲載されません。

任意整理をする場合のデメリットとしては、ブラックリストに載るために新たにクレジットカードを作ることなどが出来なくなります。

取引が短期間の場合、まだ無返済の場合には交渉が難しいといった特徴もあります。

個人再生とは

個人再生とは、

「裁判所を通じて債務を減額してもらう、債務整理の手続き」

です。

民事再生とも言います。

一般的には借金の5分の1程度まで借金を減額することができ、原則として3年で分割支払いをする債務整理の手続きとなります。

大きな特徴としては、

「住宅ローン特例により、住宅を残せる」

といったことが挙げられます。

家だけは残したい。
そうした気持ちが強い方は多いと思いますが、その場合には個人再生が債務整理の方法として適しているでしょう。

住宅ローン特例には様々な条件、注意点があります。
そのため、弁護士に相談をされると現状に合わせて考えてもらうことが出来ますので良いでしょう。

個人再生のデメリットとしては、

  • 官報に掲載されます
  • ブラックリストに載ります(5~10年間程度で解除)
  • 同居する家族にはバレる可能性は高い

といったことが挙げられます。

個人再生出来る条件がありますので、適応できるかどうかは専門家に相談をされることをオススメしますう。

自己破産とは

自己破産とは、

「借金を免除、つまり借金をゼロにする債務整理の手続き」

です。

代わりに持っている財産を処分し弁済に充て、それでも払いきれない借金を免除してもらいます。

債務整理の手続きの中では、最も減額効果の高い手続きとなります。

多重債務になり、払っても払っても借金が増える状態になってしまっている方。
今後、返済できる目処が立たない方。

など、借金返済が不可能と判断される場合には、自己破産しか無いと言えるでしょう。

弁護士を通じて自己破産の手続きをする場合、即日、督促や取り立てがストップしますので精神的にとても楽になります。

自己破産のデメリットとしては、

  • 財産を処分する必要があります
  • 資格制限のために一定の職業に就けなくなる
  • 官報に掲載されます
  • ブラックリストに載ります(5~10年間程度で解除)

などがあります。

自己破産するためにも条件がありますので、専門家である弁護士に相談をされる方法がオススメです。

借金減額成功することで得られるメリット

借金減額のために債務整理を利用することで、失うものも確かにあります。
しかし、それ以上に借金返済の取り立てが即日ストップするメリット、借金の総額が半分以下になったり、場合によっては借金が無くなるケースもあります。

支払い金利がゼロになるだけでも返済は楽になりますよね。
その上、借金も100万円ほど減ったりすると、気持ちも楽になります。

返済すればするほど、借金が減る。
当たり前とも言えるこの状況ですら無かった、という返済状況の方も多いのではないでしょうか。

債務整理は国が認めた借金減額方法です。

合法的な借金減額の方法となりますので、これ以上の返済は不可能、生活が成り立たない・・・といった方はもちろん、生活を楽にするために借金減額が出来るか相談したい、といった方も。

ただ、実際にあなたの借金がどれくらい減額できるのか、といったことは減額診断などを行ってみないと分かりません。

自分の借金がどれくらい減るのかおおよその金額を知りたい場合には、無料で利用出来る借金減額診断シミュレーターなどを利用されることをオススメします。

⇒ 無料の借金減額診断を試してみる




キーワード