主婦の借金、バレずに債務整理
借金減額診断シミュレーターって大丈夫? > 主婦の借金 > 主婦の借金、バレずに債務整理したい場合

主婦の借金、バレずに債務整理したい場合


夫に内緒で主婦の借金バレずに債務整理できる?

専業主婦の借金問題は多いです。生活費の補填のために、最初は少しだけ借金をした・・・といった方もいれば、個人的な買い物や遊びのために借金をし、いつしか借金地獄に陥ってしまった・・・とい主婦の方も多いと思います。
夫に内緒で返済をしてきたけれど、もう限界。借金を返すために借金をしてしまっている場合には、危険信号といえるでしょう。
早めに借金問題を解決しなければ、貸金業者から督促が来てバレる可能性もあります
家族に内緒で債務整理をすることは可能です。

家族にバレずに借金問題を解決したい、専業主婦向けの債務整理の方法

専業主婦が家族にバレずに債権者をするのであれば、

任意整理

が最適です。

他にも債権者の方法には、個人再生、自己破産といった方法もありますが、これら2つの債務整理はバレやすいのです。

家族にバレやすい個人再生、自己破産

個人再生は本人に継続的に収入が必要ですから、パートなどで働くことが必要です。

それまでずっと専業主婦でいたのに急に働きたい、となると「どうして?」「稼いだパート代の使い道は?」などの質問から借金問題がバレる可能性もあるでしょう。

また個人再生は裁判所に行く必要がありますし、裁判所や弁護士・司法書士への費用が高いのです。
借金問題で悩む専業主婦にとって、あまり現実的では無いといえます。

自己破産も裁判所へ行く必要がありますし、配偶者の収入書類が必要になることがあります。
また、夫名義の通帳から水道光熱費の引き落としをしている場合には、通帳のコピーや取引明細書が必要になることもあります。

かなりの確率でバレる、といえるのが自己破産です。

それに自己破産はあなたの名義の財産が全て無くなります。
財産があまり無い専業主婦の方であれば、そこまでデメリットは無いかもしれません。

しかし、夫など家族にバレずに債務整理したい場合には、向かない債務整理の手続きといえます。

最も家族にバレにくい任意整理

夫など家族にバレずに債務整理をするのであれば、任意整理が最適です。

任意整理がバレにくい理由

・裁判所を利用しない
・手続きが簡単、必要書類が少ない(配偶者の給与証明書などは不要)
・弁護士、司法書士の交渉を依頼出来る(手続きも丸投げできます)
・書類のやり取りもバレないように配慮可能

といったことから、債務整理の中では最も周囲にバレにくいのが任意整理なのです。
バレる可能性があるとすれば、弁護士さんなどとのやり取りからです。

ただ、書類のやり取りにしてもあらかじ法律事務所に「夫にバレずに債務整理したい」と伝えておけば、やり取りの方法も考慮してもらえますからバレるリスクは最小限に抑えることが出来ます。

任意整理の手続きをするときの注意点

債務整理の中で、最も夫など家族にバレにくいのが任意整理です。

しかし、任意整理は借金がゼロになる訳ではなく、支払いを継続して完済を目指すことが必要です。

原則として3年、長くて5年の間に債権者と和解した返済額、返済方法で返済を行っていくことになります。

返済のためのお金が継続して必要となりますので、パートをして払うのか、夫の給料か払っていくのか、それをしっかりと借金返済のために継続できるのかは考えておく必要がありますね。

専業主婦の任意整理で多いのは、任意整理の手続き後の返済が途中で出来なくなり、自己破産などの手続きが新たに必要となるケースだと言います。

自己破産は内緒で手続きを進めるのは難しいですから、必死に夫にバレずに借金返済をしてきたことが水の泡になってしまいます。

債務整理に早く弁護士や司法書士など専門家に相談をすることで、借金の総額が少しでも安い時期に任意整理などの手続きを取ることが出来ます。

借金問題は時間が経てば経つほど、借金の総額も増えていきますし利息の支払いも迫ってきます。

もう限界・・・、となる前に早めに借金減額の手続きなどを取られるのが良いのではと思います。

専業主婦が任意整理をしても家族には影響なし

専業主婦が任意整理をして、何か家族の今後の生活に影響が出てしまうのでは・・・と不安になっている方も多いかもしれません。

債務整理をしたら「ブラックリスト」に載るというし・・・

家族にも何らかの影響があるのでは、と思っている方は少なくありません。

確かにブラックリストに載ると、今後5年間などは新たにクレジットカードも利用出来ませんし、ローンも組むことは出来ません。

子どもが奨学金を利用する際に連帯保証人になることもできませんので、今後お子さんの年齢的に奨学金の可能性がある場合、内緒で債務整理をしている場合には注意が必要です。

しかしこうしたブラックリストの問題は、任意整理などの債務整理は手続きをした本人のみの問題です。

家族、夫やお子さんには関係がありません。

そのため、夫名義の家族カードも引き続き使えますし、夫名義のローンなども問題無く審査が通るでしょう。

そのため、専業主婦の方が任意整理をしても、その後の生活で特別困ることは少ないといえます。

それどころか借金問題が解決に向かえるので、精神的にも落ち着いて暮らせるようになるはずです。

問題となるのは、任意整理後の返済についてだけではないでしょうか。

任意整理は裁判所も通しませんし、最も周囲にバレずに手続きが出来る債務整理の方法です。

債権者からの連絡などから、借金が夫にバレないか不安におびえながら暮らしている主婦の方も多いのではと思います。

借金がバレて離婚されたら生活が出来なくなる・・・といった不安を抱えている方もいるのではないでしょうか。

これ以上借金が膨らむ前に、早めに任意整理の手続きをすることを考えてみてはいかがでしょうか。

家族にバレずに任意整理するなら、債務整理に強い弁護士・司法書士を選ぶこと

任意整理など債務整理の手続きをするのであれば、必ず債務整理に強く、実績が豊富な弁護士・司法書士を選ぶと良いです。

依頼をすることで即日取り立てや督促もストップできますし、債権者に対しての借金返済自体も一旦ストップすることが出来ます。

借金滞納していたこともあるような場合には、貸金業者からの電話、郵便などがいつ届くかとビクビクしていた主婦の方もいるかもしれません。

弁護士や司法書士に依頼をすることで、そうしたことが即日なくなります。

交渉により和解内容が決まるまで猶予が出来ることで、精神的にも落ち着いて暮らせるようになるのではないでしょうか。

債務整理に慣れている弁護士や司法書士はやり取りにも最新の注意を払ってくれますから、ほぼバレる可能性は無い、といって良いでしょう。

専業主婦の方が夫、家族にバレずに債務整理をするのであれば、任意整理の方法が最適と言えます。




キーワード